お茶屋さん巡り Visit the Japanese teahouse 茶屋巡礼

豊島区巣鴨 茶舗 山年園 Sugamo, Toshima-ku Chaho Yamaneen

巣鴨とげぬき地蔵通りのお茶屋さん
海外旅行客だからと特別扱いしない
ディープな日本を味わってほしい

The Japanese tea shop in Sugamo Togenuki Jizo Dori Shopping Street.
You must experience “Deep Japan” that doesn’t give you a special treatment just because you’re a foreign tourist.

巢鸭地藏通商店街的日本茶屋
对海外客人也一视同仁
希望他们也能品尝道地的日本味

早速訪問したのは、巣鴨・とげぬき地蔵通り門前仲店にある山年園(やまねえん)さん。創業から60年余り、とげぬき地蔵を参拝するお客さんに親しまれています。お話を伺ったのは、専務取締役の塩原有輝さん。近年増えている外国人観光客の対応について、教えていただきました。

First, we visited Yamaneen in Sugamo Togenuki Jizo Dori, temple town area. It has been popular among people who visit Togenuki Jizo for the worship since it was established over 60 years ago. We interviewed Executive Director Mr. Yuki Shiobara. He told us about an approach to foreign tourists.

这次访问的是位于巢鸭的地藏商店街的山年园,创业至今已有60余年。与常参拜地藏寺的客人们相当的亲近。我们这次向店长塩原有辉先生请教了该店对于近年增加的外国观光客的对应方法。

▼ 苦労した免税店デビュー
「爆買いブーム」という言葉が定着する少し前、免税販売対応のレジを導入しました。パスポート情報が自動入力できるようになっているものです。税務署に何度も通い、免税店になるための申請作業は本当に大変でした。免税店デビューの前日は、興奮して眠れないほどでした。意気揚々と開店しましたが、初めて免税のお客さんが来たのはそれから3カ月後。。。その頃には必死で覚えたレジの使い方も忘れてしまいましたけどね笑。
あるとき、金額が3,800円ほどのお客さまに、「あと1,200円で免税できますよ」って、英語で声をかけたんです。ドキドキして緊張しましたけど、「それならあと2袋買うわ」と、商品を追加してくださいました。初めての経験だったので、感動しました。今では、購入額が3,000円以上のお客さまには、「あといくらで免税できますよ」と必ず伝えるようにしています。

▼ Hardship to launch Duty Free service.
This shop was adopting a new register for duty free just before ‘Bakugai (Shopping spree by foreign tourist)’ was fixed as the buzzword. It is a device that can input a passport information automatically. It was really hard to go the tax office many times in order to apply for launching duty free service. I was so excited I couldn’t sleep the night before its debut as a duty free shop. We opened it with high excitement on that day, but it was 3 months later that the first customer who checked out for duty free came…so I forgot how to use the register then even though I struggled to learn haha.
One day, I talked in English to a customer who was going to spend 3800yen, “If you spend another 1200yen, you’ll get duty free.” I was nervous and excited, but she said,” OK. I’ll add 2 packs!!” and bought them. It was such the first experience for me that I was moved. I make it a rule to tell customers who are going to spend over 3000yen, “If you spend another ××yen, you’ll get duty free.”

▼ 历尽千辛万苦的免税店过程
「爆买潮」这一词被大量使用之前,该店已导入了能够自动输入旅客护照资料的免税收银系统。为了成为免税店而多次造访税务署,其申请过程真的是相当辛苦。在免税店开始的前一天晚上还兴奋地睡不着,隔天意气风发的开店,结果第一个使用免税的客人是在三个月后…那时拼命记得免税流程全都忘光了(笑

▼積極的なコミュニケーションを
僕自身は外国人の方たちを接客するのがすごく好きです。言語はそこまで流暢ではないですが、商品名やよく使う言葉を中国語や英語で覚えるようにしています。あとは、ボディランゲージでなんとかなっています。お客さんとのやりとりから学んだことは、常にスタッフと共有し、対応を工夫しています。
多言語表記のPOPや、お茶の説明を翻訳したものなども置いたこともありましたが、いかにも観光地然としてしまうのでやめました。店頭で、入れたお茶を飲んでもらい、お茶のおかしを食べてもらえば、それだけで十分伝わると思うからです。時々、僕が中国語で話すと、日本語で返されることもありますよ笑。日本語を話したいという方もたくさんいらっしゃいますよね。

巣鴨に来る外国人の方は、ディープな日本を楽しみたいと思っています。メジャーな観光地にはすでに行ったことがある人たちですね。彼らは、私たち日本人が普段飲んでいるお茶を買いたいと思っているし、日本人が「かわいい!」と思うパッケージを求めています。なので、普段どおりの目線で商品づくりをしたいと考えています。

▼ Let’s communicate actively.
I like to serve foreign customers very much and try to learn the names of products and phrases used frequently in Chinese and English though I can’t speak them fluently. Body language also helps me. I share with our shop staff what I’ve learnt from conversations with customers and always try to devise better approach. There was a time when I displayed Multilanguage POP and flyers on which how to brew Japanese tea is translated in the shop, but I decided not to do because I wanted to avoid an atmosphere just like a tourist spot. Because, it’s enough to drink Japanese tea brewed in my shop and eat my shop’s sweets. When I talked to a Chinese customer in Chinese, I sometimes received in Japanese haha. There are many people who want to talk in Japanese, aren’t you?

It seems that foreign tourists who visit Sugamo want to enjoy Deep Japan.
They have already been to popular tourist attractions. They want to buy Japanese tea that we Japanese usually drink and tea packages that Japanese feel “So cute!!” So, I always keep in mind to make products through Japanese usual perspective.

▼积极的沟通交流
我自己相当喜欢接待外国客人,虽然语言上没有这么流畅,但像是商品名与常用话术的中文跟英文都记下来了,还有用肢体语言来沟通。从与客人的交流中所学到的东西会经常与员工们分享,在与顾客的对应上下了一些功夫。之前在店里放置了多国语言的POP与泡茶教学指南等东西,但这样感觉变得像是观光景点的店一样因此最后放弃了。在店前面提供茶与茶点的试饮与试吃就我想完全足够传达商品的内容了。还有有时我讲中文时,对方反而会用日文回答我(笑。想讲日语的客人也相当的多喔。

来巢鸭的外国人大都想体验当地的日本文化,而且大多是已逛遍东京著名的观光景点了。对他们而言,想要买的是我们日本人平常所喝的茶,追求的是日本人觉得「KAWAII!」的包装。因此我们就以普通日本人的视角来规划商品内容。

▼これからの目標
商店街の店舗と協力しながら、商店街にたくさんの人が来てくれるようにしたいと考えています。巣鴨に来たついでに立ち寄ってくださるのも嬉しいですが、「山年園に行きたい!」とめがけて来てくれるような取組みができたらなと思っています。日本茶ワークショップもおもしろそうなので、自社でできるか検討していかないとですね。

▼Our goal
I always think about how more people visit this shopping street together with other shops. It is also pleasure that they walk into my shop by chance on their way to visit Sugamo, but I want to hold some events as if they say, “I want to go Yamaneen!!” and want to go here as a destination. I’m interested in Japanese tea workshop now, so we have to consider it within the company.

▼之后的目标
与商店街的店铺合力思考如何让更多的客人来光顾。来到巢鸭时顺道来光临当然是相当开心, 「想到山年园去看看!」如果有能让客人专门为了光临本店而来巢鸭的方法就好了。像是日本茶的workshop似乎也相当有趣,我们也会思考看看。

    • 茶舗 山年園
    • 所在地:〒170-0002 東京都豊島区巣鴨3-34-1
    • TEL:0120-22-4663
    • ホームページ:https://www.e-cha.co.jp/